トイレの掃除をすることにより、うつ病の悪い思考回路を断つ事ができます

清々しい気分になれます

掃除

お手入れをすることで、自信が持てます

トイレは便や尿などの、体内の老廃物を排出するための大切な部屋です。ただ排泄をするだけでなく、気分を落ち着かせる効果もあります。掃除が行き届いたきれいなトイレは、とても快適ですし、清々しい気分になれます。うつ病や双極性障害などの病気で、メンタル面の不調を感じている人にはトイレ掃除がお勧めです。精神疾患に掛かると、意欲や気力が低下して、仕事や家事が出来ず悩んでいる人が少なくありません。真面目で責任感の強い人は、自分には価値がないと感じることもあります。トイレ掃除をすることで、家族が快適に使用することが出来ます。人の役に立っていると感じることで、自信が持てるようになります。トイレは尿石や黄ばみなどが付きやすい場所なので、専用の洗剤を使って丁寧に磨くと良いでしょう。尿石や黄ばみなどが取れて、トイレがきれいになってくると気分が良くなります。うつ病などのメンタルの病気で悩んでいる人は、週に2回程度時間を掛けて掃除をするのがお勧めです。精神科の医療スタッフも、掃除はメンタル面で良い影響があると伝えています。

うつ病や適応障害、双極性障害などの病気は、症状が重い時は、掃除や洗濯などの家事が億劫になりがちです。部屋が散らかっていたり、トイレが汚れていると気分が落ち込んでしまうことがあります。病気の症状が重い時は、家族に家事を手伝ってもらい、負担を減らすことが大事です。精神科の病院やクリニックで、内服薬やカウンセリングを受けることで、少しずつ症状が回復してきます。意欲が高まってくると、家の掃除をしたい人が増えてきます。トイレは比較的狭い部屋なので、トイレ掃除は短時間で終わることが出来ます。広い部屋を掃除すると疲れてしまうこともありますが、トイレ掃除は続けやすいです。トイレで排泄をした後に、軽く拭き掃除をするのもメンタル面に良い影響を与えます。精神疾患に罹り、家事が出来なくなると、自分を責めてしまいがちです。トイレをピカピカにすることで、家事がきちんとやれたという実感があります。トイレ掃除はメンタルに良い影響を与えるので、しばらくは続けてみると良いでしょう。

Copyright© 2019 トイレの掃除をすることにより、うつ病の悪い思考回路を断つ事ができます All Rights Reserved.